「キングスマン」のメガネブランドを日本で探すときのポイント

「キングスマン」で印象的な、ハリーやエグジーがかけているメガネはCUTLER AND GROSS(カトラー アンド グロス)のものです。日本でも手に入れることができるのか調べてみました。

スポンサーリンク

日本では未発売のキングスマンのメガネ

様々な機能を搭載したキングスマンのメガネ。日本での発売はありませんでしたが、正規品が輸入されていたりレプリカもあります。そしてJINSやZoffで似たものを探すという手もあります。

劇中ブランドはCUTLER AND GROSS

キングスマンのメガネのブランドは、CUTLER AND GROSSです。CUTLER AND GROSSは1969年から続いているイギリスの老舗高級アイウェアブランドです。

コリン・ファース演じるハリーをはじめとし、エグジーなどが劇中で使用したメガネは、CUTLER AND GROSSの定番モデル0822をベースとし「0847/ガラハッド」として特注されたものです。

「0822」はパイロットがヘッドギアの下につけるのに適した、アビエイタースタイルのメガネです。それをベースにしたキングスマン特製の0847もアビエイタースタイルのメガネ、サングラスとなっています。

0847は0822とくらべて、フレームのフロント上部が少し丸くなっています。柔らかい印象のメガネになり、より紳士に合ったメガネとなっています。キングスマンのエージェントである、ハリー、エグジー、アーサーロキシー全員、この0847のメガネをかけています。

ハリー、エグジーモデル

キングスマンスパイのガラハッドであるハリーは、0847のメガネ、サングラスをかけています。タロン・エジャトン演じるエグジーがかけているのも同じく「0847/ガラハッド」です。

マーリンモデル

資材調達、技術担当のマーリンがかけているメガネは、CUTLER AND GROSSのサングラス0755をメガネ仕様にしたもののようです。エージェントであるハリーやエグジーがつけているものとは異なります。

しかし2作目「ゴールデン・サークル」で、エージェントとして活躍したときは、マーリンも0847をかけています。細かいところに衣装のこだわりがみえます。

カトラー アンド グロス CUTLER AND GROSS メンズ メガネ・サングラス 【53mm Rectangle Blue Light Blocking Glasses】Black On Camo/Blue Light

日本で探すなら形はウェリントン

「キングスマン」をみて「このメガネ欲しい!」と思っても、残念ながら日本では公式には発売されていません。

手に入れるにはCUTLER AND GROSSの正規品やレプリカを輸入して販売しているところから買うしかありません。

少しお手頃のレプリカ

正規品はどれも5、6万円とお高めですが、レプリカであれば2、3万円で買えます。ムービームという映画レプリカ専門サイトで取り扱っています。

それっぽいのでいいから少しお安く手に入れたいときは、正規品やレプリカでなくても、日本のメガネブランドで似たものを探すという手もあります。日本のお手頃なメガネブランドといえば、JINSとZoffです。

そこで形が近いウェリントンやスクエアタイプで探し、どちらにもわりと似たものがあったので、紹介します。

JINSで買うなら

Webでみくらべて「0847/ガラハッド」に一番似ていたのが、【Fine fit titanium & Acetate】MCF-18A-134です。価格は税込13,200円。特徴的なフロント部分のリベット装飾もそっくりです。残念ながら在庫はないようですが、今後探すときの参考までに。

在庫があるものだと、以下が形はとても似ています。

【Ronan & Erwan Bouroullec SUGATA ST】URF-19S-008
しかも価格は税込5,500円と、かなりお手頃です。

マーリンモデルの0755に似ているのは、以下です。
【Combination Metal -structureⅡ-】MMN-17A-089
価格は税込13,200円
フロント部分の装飾がありませんが、形はとても似ています。

Zoff(ゾフ)で買うなら

Zoffならば以下が似ています。

【CLASSIC (クラシック)】ZA191012-18A1
価格は税込5,500円です。

きめたいときのファッションに最適なメガネ

「キングスマン」のメガネは、スパイでもあり紳士でもあるハリーやエグジーにぴったりです。そのレプリカや似たメガネということは、スーツやビシッと決めたいときのファッションとして最適なアイテムにもなると思います。